トップイメージ

年賀状の出すタイミング

年賀状を年末中にポストに投函したにもかかわらず元旦過ぎに届くということがありませんか?
年賀状を出すタイミングって地域によって違ったり、その年によっても変わってくると感じることがあります。

会社の上司や先輩、恩師や親戚等などへの年賀状や元旦と記載した年賀状は特にきっちりと元旦に届いて欲しいですよね。

しっかりと元旦に届けて貰うためには、12月の15日から25日頃までに出す必要があります。
地域によってはギリギリの29日頃に投函しても届く場合がありますが、殆どの場合が元旦には届きません。
年末の25日以降は年賀状の投函が集中するので、バイトやパートを雇って仕分け作業が行われるにもかかわらず年賀状の量が多すぎて手が回り切らないようです。
おそらく、ほぼ手作業で仕分けし特に年賀状は送り先を間違ってはいけないハガキだと思うので慎重に慎重を重ねているのではないでしょうか。
なので、12月15日あたりには投函するなどゆとりを持って投函する事で確実に元旦に届けてもらえるのではないでしょうか。

また、日本郵便の方で年賀状と認識するには、どんな形の郵便物でも切手下に朱書きで「年賀」と記載されていないとそのまま普通郵便として配達されてしまうので、確実に書き記してください。


朱書きされたハガキ

年明けの年賀状


出していない人物から年賀状が届いた場合は、届いてすぐに返礼を出した方がよいです。元日に出す場合は、日付は元旦でも構いませんが、2日以降の場合は、投稿日の日付を記しておきます。年賀状を書く際には、お礼や遅れたお詫びなどを書くと感じ良いですね。

年明けの年賀状(返礼)の投函に関しては、遅くても1月7日までに相手に届く事が必要です。そのためには、1月5日の午前までには確実に投函しておく必要がありますよね。ポストによっては、回収される時間が遅いところや1日に1〜2回しか回収されないところもあるようなので、ポストに記載されている回収時間を確認して投函してください。もし、時間を過ぎているようなら直接窓口へ出しに言った方が無難です。
なるべく、返礼を書かなくてもいいように前年の年賀状を元に年賀状を書いていくといいですね。新たに知り合いになった人などにも前もって先に年賀状を送っておくと良いです。

また、年賀状を出していないけれどグリーティングカードやメールを出している場合は返礼をする必要はないです。

もし、年賀状が6日になっても届いた場合、返事は7日以降になるので「年賀」ではなく「寒中見舞い」とする事が正しいです。一般的に年賀は1月7日までの事を言いますので、間違わないようにしておきたいですね。

ちなみに、寒中見舞いは2月4日の立春までなら出しても大丈夫です。

スポンサードリンク

年賀状の豆知識


楽天ランキング



Copyright (C) 2007 年賀ちょんドットコム. All Rights Reserved.