トップイメージ

喪中の年賀状

日本では、忌明けまでの期間を忌中、死後の一年間を喪中としています。
家族などに不幸があった場合、喪に服す一年間は年賀状を控えるほかめでたい行事などもそれに併せて控えたりする習慣です。

喪中の時は、新年の挨拶として年賀状は書かないのですが、近親者に不幸があった場合は年賀状交換の辞退を伝えるために喪中・年賀欠礼状の旨を喪中はがきで送ります。
喪中の人は年賀状が来そうな相手にその事を知らせる為に相手が年賀状を準備する前に喪中、年賀欠礼状を送る事になります。

喪中はがきは年賀状を交換している人全てに出します。
相手が喪中で、自分が出す前に喪中はがきを貰った場合も喪中はがきを出します。

一般に自分を中心とした一親等(父母、配偶者、子)と、生計を共にしている二親等(祖父母、兄弟姉妹、孫)にあたる人に不幸があった時喪中はがきを出す習慣があります。

喪中はがきは、相手が年賀状を準備する11月中旬頃から12月初めに届くように準備し、遅くても年賀特別郵便取扱が始まる前に届けるようにします。もし、元旦近くに不幸があった場合などで年賀状との行き違いになってしまった場合は、喪中の知らせが遅れたことを詫び年賀状を相手から貰う分には差し支えの無い事を述べると良いそうです。

喪中はがきの書き方
文面に亡くなった人との続柄を明記
父親の服喪の場合には“年賀”という賀詞は使用せず、年始・年頭・新年と記し、誰がいつ亡くなったか明記する。
母親に不幸があった場合は、「年の瀬を迎えて何かとご多忙なことと存じます。さて本年○月に母を亡くしました。喪中でございますので、新年の賀詞を失礼いたします。」などを記すと良いです。

年賀状を書くにあったって色々なマナーが必要かと思いますが、喪中はがきもやはり年賀状を書く上での大切なマナーのひとつだと思います。



お悔やみ年賀


忌み言葉を書いて封書やハガキを送る時は、相手が不快に感じるフレーズは避けるようにします。
できるだけ楽しい話題を選ぶようにすると良いようです。
忌み言葉としては去る・失う・滅びる・絶望などがあります。
また“去年”という言葉は、去るが入るので昨年・旧年と記します。

出す相手による主な文章
●会社の上司
「恭賀新年 旧年中は何かとご指導いただき、厚く御礼申し上げます。
企画部に配属されて、三年目を迎えます。
企画の仕事の楽しさがようやく分かってまいりました。
本年もなにとぞよろしくお願いいたします。」。

●結婚の報告を兼ねた年賀状の場合
「謹んで新年のお祝いを申し上げます。
私達は昨年○月○日に結婚式をあげ、左記に新居を構えました。
未熟者ではありますが、二人で力を合わせて、新しい生活を築いていこうと思います。
今後とも変わらぬご指導と、末永いお付き合いをお願い申し上げます。」
などです。なるべくひと言では終わらないようにしっかり文章を書き、左記には日付と共に自分の現住所、妻の旧姓なども連名した名前の後に添えるとよいそうです。

スポンサードリンク

年賀状の豆知識


楽天ランキング



Copyright (C) 2007 年賀ちょんドットコム. All Rights Reserved.