トップイメージ

グリーティングカード


年賀状を書くというと、日本はもちろん主にアジアの国々の習慣というイメージが強くあります。
世界中の国々でも新年の挨拶として書いているものがあり、特に欧米諸国で書かれるカードでグリーティングカードと呼ばれているものにあたります。

欧米ではクリスマスや新年など季節の節目に友人や恋人など親しい人の間でグリーティングカードと言われるものを交わします。
近年は電子メールを利用したグリーティングカードが世界中で交わされるようになり、アジア諸国や日本も例外ではないようです。

オーストラリアには様々な起源を持った人々が暮らしていますが、その多くは欧米からの移民で、それに伴ったグリーティングカードの習慣があります。
また、オーストラリア自体が南半球にある為にクリスマスが夏になり、他の国とは違う一風変わったデザインのカードも見ることができます。そしてオーストラリアは宗教的背景も多種多様であり、イスラム教徒に対してクリスマスを祝ったりクリスマスカードを送る事などは避けなければなりません。

アジアの大韓民国(韓国)は儒教が主流の国ですが、キリスト教信仰者が比較的多い為クリスマスカードもよく取り交わされます。しかし、今の所は年賀状の方がメジャーなようです。

日本では年賀状とグリーティングカードとは別の意味を持たせて送る場合が多いです。
また、キリスト教徒の少ない国なのでグリーティングカードを交し合う様子を見ることはあまりないですが、一年のイベントの一つとして主にクリスマスの挨拶状として使用される事もあるようです。特に、カード単独で渡すことよりも贈り物に添えるメッセージカードとしての使用が多いようです。

グリィーティングカードの起源は古代エジプトで、古代ローマの頃にも存在していたようです。
世界のカードの文化を知ることでグリーティングカードも年賀状と同様に歴史のある文化ということが分かりますよね。
日本にはグリーティングカードも年賀状も存在し使用されていますが、どちらも臨機応変に使い分けていく楽しみがありますね。



≪グリーティングカードの文例≫
●I wish you a merry and happy Christmas! & A happy new year!
楽しい幸せなクリスマスでありますように。
●Season's greetings on this Merry Christmas and a happy new year.
クリスマスと新年のご挨拶を申し上げます。
●I heartily send all good Christmas wishes to you and your family.& A happy new year.
あなたとあなたの家族にクリスマスの幸運を、心よりお送りします。そしてあけましておめでとうございます。
●I wish you a joyful Christmas from the bottom of my heart and a happy new year.
あなたが楽しいクリスマスと新年を過ごされることを、心より願っています。



外国へ送りたい場合の注意点


外国に年賀の挨拶を送りたい場合は、先方の国情や宗教などへの気配りが必要です。宗教の違いは日本ではあまり感じる機会が少ないので気軽に考えてしまう事も多いですが、国によっては非常にシビアなところも多くあります。相手の宗教の習慣を無視して適していないカードを送ることは良くないことであり、タブーを犯しかねません。受け取る人にとっても迷惑になりかねないので気を付けましょう。
例えば、偶像崇拝が禁止されている宗教ではもちろん人物や動物の絵柄を避けなければなりません。

ちゃんと相手の宗教や国の状況を把握した上でグリーティングカードを送れば貰って嬉しいものになります。国によってはカレンダーが違ったり、太陽暦の1月1日が新年になるとも限らないので日にちもしっかり確認しておきましょう。中国では旧正月という言葉もあるくらいです。受け取る側の立場になってカードを送ると喜ばれますね。

先方の事情がよく分からない時は、季節の挨拶としてカードを送ったほうが無難です。

スポンサードリンク

年賀状の豆知識


楽天ランキング



Copyright (C) 2007 年賀ちょんドットコム. All Rights Reserved.