トップイメージ

縁起物と干支

年賀状に描く縁起物

年賀状を制作するにあたって・みなさんはどんなイラストのレイアウトを利用するでしょうか?
まず最初に思いつく絵としてオーソドックスなのが新年の干支なのではないでしょうか。その他にも色々な縁起物があるので紹介していきます。


年賀状らしい縁起物
縁起物とひと言で言っても沢山あるので大きく区分してみます。
正月飾り・正月の食べ物・正月の置物・正月の風物詩・正月遊び・冬の物・人物など。
一般的には鏡餅・竹・宝船・俵・鶴・招き猫・梅・獅子舞・羽子板・鯛・凧・七福神・扇・松・初日の出・だるまなどですよね。
また年賀状には日本を代表する一富士二鷹三茄子(1つの富士山・二匹の鷹・3つの茄子)や竹や松、葉牡丹など新春の植物などもお馴染みです。

七福神はおめでたい存在とされ・七福神めぐりを行ったり・正月に枕の下に七福神の乗った宝船の絵を入れておくと良い初夢が見られるなどとされています。

七福神に限らずその他色々ある日本の伝統的な縁起物なども・年賀状に使用すると風情も出てとてもいいと思います。


七福神のミニ知識
縁起物の中でも七福神が福をもたらすとされる理由から昔からお正月によく奉られます。
この七福神は日本で信仰されている七柱の神様です。その七柱とは恵比寿・大黒天・毘沙門天・弁才天・福禄寿・寿老人・布袋をあらわすのですが、室町時代から信仰されているとされるこの神々は、インドのヒンドゥー教(大黒・毘沙門・弁才)・中国の仏教(布袋)・道教(福禄寿・寿老人)・日本の土着信仰(恵比寿)が入り混じった神仏習合から成り日本的といえる信仰対象なのだそうです。

中でも恵比寿は蝦夷の別称で外来のものを意味する事もあり、日本の神として恵比須・夷・戎・蛭子・胡・などとも書かれています。呼び方にはえびっさん・えべっさん・おべっさんなどと言われているようです。

現在では恵比寿は七福神の一員としてのイメージが強いですが、それは中世以降の信仰で、本来の由来はとても複雑だそうです。
えびすを称する神というのは複数あって伊弉諾尊(いざなぎのみこと)伊弉冉尊(いざなみのみこと)の子である蛭子命(ひるこのみこと)か・大国主命(大黒さん)の子である事代主神(ことしろぬしかみ)とされる事が多く・同じえびすを祀る神社でも場所によって神が異なるそうです。


年賀状と干支

年賀状にはよく一二支(じゅうにし)がイラストであったり干支を表す漢字を一文字使ったりして新年のお祝いをする傾向が多いです。
毎年新年を迎えると、干支が表している象徴の動物がテレビの画面を賑わせています。

十二支は文字の通り12種類からなっています。
子(ね:ねずみ)丑(うし:牛)寅(とら)卯(う:ウサギ)辰(たつ:竜)巳(み:ヘビ)牛(うま)未(ひつじ:羊)申(さる:猿)酉(とり:鳥)戌(いぬ:犬)亥(い:イノシシ)
です。
ここに登場するどの動物もイラストにしたら可愛いですよね。
この中の辰(たつ:竜)は実在しない唯一の動物で、絵やイラストなどを使って表現されることが多いですが、年賀状にはタツノオトシゴという海の生物を描く人もいます。

十二支にの動物たちは工夫次第でどんな風にも書けるし、年末になれば新年の動物として街中にイラストが溢れてくるので気になった絵をチェックして年賀状に描いても良いですね。


干支のミニ知識
“干支”とは正確には「十干」と「十二支」の組み合わせで、実際は区別されています。

2008年はねずみ年ですが・「干支は子・ねずみ」というのは正しくないそうです。
2008年の場合は、十干は「戊」・十二支は「子」なので干支は「戊子(つちのえね・ぼし)」となります。

干支の「干」は「十干」のことで・甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)の10種類があります。
音読みでは「こう・おつ・へい・てい・ぼ・き・こう・しん・じん・き」となります。
実感は・陰陽五行説に基づいて「木・火・土・金・水」の五行と「陰・陽」の「兄(え)と弟(と)」に分けたものです。

干支の「支」とは十二支のことで・子・丑・寅・卯・辰・巳・牛・未・申・酉・戌・亥の12種類です。
古代中国で天球を約12年で1周する木星の運行を目安に・12の方角に分けて名前をつけ・1年12ヶ月の暦を現したのが十二支の始まりであるといわれています。
字の読めない人でも暦を覚えられるように十二支に動物を配したと考えられています。

そして十干と十二支を組み合わせたものが本来の「干支」で・十干最初の甲と十二支最初の子との組み合わせの「甲子(きのえね)」から干支は始まり・「乙丑」「丙寅」と続き「癸亥」まで60種類あります。

干支がひとまわりして同じ干支が周って来ると還暦です。

干支を正しく理解すると・年賀状にもより親しみをもって来年の場合は戊子のねずみを利用できるのではと思います。

スポンサードリンク

年賀状の豆知識


楽天ランキング



Copyright (C) 2007 年賀ちょんドットコム. All Rights Reserved.