トップイメージ

デザインや文字を選ぶ

自分が書きたい文字が決まっている時は、簡単に下書きを作成できるのですがなかなか決まらないと切ってありますよね。
そんな時は、色んなものから調達しちゃいましょう!



書体や字体を調達しよう


パソコンの文字を使う。
パソコンとプリンターがあれがWindowsのWordを使う方法があります。
字体をフォントというところで選び、大きさも実際に必要なサイズをフォントサイズで変更してからプリントアウトし、トレーシングペーパーでなぞって書き写していきます。この時に文章も書いてしまうとバランスも良くなります。

このような感じですね。


雑誌や本から写す
描きたい文字などをチェックしておき、トレーシングペーパーを当ててなぞって書き写します。雑誌や本は、自分ではなかなか思いつかない言葉がゴロゴロしているので参考文章にしてみるのもいいですよ。


意外と多い広告の文字
毎日、新聞と一緒にポストへ入ってくる広告も見逃してはいけません!
数字などが沢山のっていることもあり、色んなアイデアが詰まっているので活用してしまいましょう。


筆ペンのクセを利用して描く
クセを利用とは、思い切って筆ペン任せに書くということです。
懸念されやすい筆ペンは、実は筆を使い慣れていない人でも上手に書ける優れものなのです。
しかも、筆パンの良いところは筆自体に弾力性があるのではねやはらいがキレイに映ります。かすりなどが出ると頃が筆も良いところですよね。この特徴を利用することで文字だけじゃなくデザインも予想以上に上手く描けます。
筆ペンを使う時のポイントは、穏やかな気持ちで丁寧に書くこと。そして思い切ることです。


イラストはどうしよう

年賀状キットが売っている場所で見つけよう
ショッピングセンターやハンコ屋さんには、年賀状キットがある場合が多くそれに伴って年賀ハガキのカタログも置いてあります。
その中に沢山ヒントが転がっているので見てみるのもいいですよ。


本から抜粋
お気に入りのキャラクターを丁寧になぞって書き写していく。
細かすぎるイラストの場合は、彫る作業の時にとても大変で失敗しやすいので慣れてから彫るようにした方が良いです。
上手くいくかどうかは選んだイラストにもよります!!!


年賀状売り場に行こう
年賀状売り場には、来年度の絵との絵が描いてある年賀状がすでに沢山あるので、少しアイデアをお裾分けしてもらいましょう。
自分でアレンジを加えてみると、より一層オリジナルな年賀状になりそうな予感がしてきますよ。


トレーシングペーパーに直接描いてみる
この際、思い浮かんだデザインを直接描きだしてみると意外と上手くかける場合があるので、思い切って描きだしてしまうと良いです。ペーパー上で微調整してもダメな場合は、思い切って諦めましょう。(彫る時にもっと大変になってしまいますよ。)


筆ペンを使う!
筆ペンを使って絵を描くと、鉛筆やボールペンでは出ない味が出ます。思い切って勢いよく描いていくと案外と上手くいきます。しかも、味がある出来上がりになりやすいです。
この木の部分こそ、えいっ!と思い切って描いてみたら、そのまま使える木になりましたよ。


スポンサードリンク

年賀状の豆知識


楽天ランキング



Copyright (C) 2007 年賀ちょんドットコム. All Rights Reserved.