トップイメージ

年賀ハガキと年賀切手

今では、年賀ハガキが主流になっており、発行枚数も年賀ハガキが多いです。なので、年賀ハガキが年賀切手より早く発行されていたのではないか?と思いがちだけれど、実は年賀切手の方が49年も先に発行されていました。
当初は、郵便ハガキが主流で年賀状も一般的な郵便ハガキで送っていたようです。しかも、みんな年が明けた年始に一気に描いていたそうで、郵便局員は年始からが大忙しだったようです。年賀状を年末に書いて送ることで元旦に届けるという〔年賀郵便特別取扱〕が始まったのを期に、現在のような年末に年賀ハガキを書いて元旦に受け取るという習慣が出来たようです。
年賀郵便特別取扱が行われた翌年の1900年に、年賀切手が発売されたことにより当時の官製ハガキに年賀切手を貼って送っていたようです。


今では、数少なくなった年賀切手ですが12月の始めに郵便局へ向かえば手に入ります。 たまに出向でお店などに来ている郵便グループや12月の半ば以降では買えないことが多いので、早めに郵便窓口へ出向き入手すると良いです。


2009年用のお年玉付き年賀ハガキ

お年玉ハガキの始まり

お年玉付き年賀ハガキが発行されたのは、寄付金が付いた年賀ハガキが発売されたのと同時期で、今から34年前のことです。お年玉が付いた年賀ハガキはあまりにも画期的で、戦争中に無くなってしまった年賀ハガキの習慣を取り戻すことと、戦争によって消息が分からなくなった身内や友人達への連絡方法として使用することができてみんなが元気を取り戻せるんじゃないかという発想で民間の林正治氏が考え出したアイデアだったようです。反対派も多くいる中、自ら郵政省へ出向き、ポスターや見本ハガキを自分で作って持っていくなどをして勝ち得た結果だったようです。政府を動かす人はやはり行動派だったんですね。 そのおかげで、お年玉年賀ハガキという年賀状文化が現在まで続いているんですね。

お年玉付き年賀ハガキの番号のところ

スポンサードリンク

年賀状の豆知識


楽天ランキング



Copyright (C) 2007 年賀ちょんドットコム. All Rights Reserved.